次の春には 旅立つ君を 見送る言葉 見つけられずに
自転車止めて 海の向こうから 吹きつける風に 震えてた

瞳閉じたまま 波の音を聞いていた ひとり
君が大好きですって・・・ 言えなかった言葉 そっと そっと 呟いた

桜散る季節だって あの夏の花火だって
君を 君を いつだって思ってたよ
秋の切なさだって ひとりきりのイブだって
いつか いつか 淡い思い出に変わるのに
ねぇ、君だけは 思い出にできない

海の向こうが 見たいと言った 空を見上げた 君の瞳に
いつからだろう 恋をしていた 片思いだと 言い聞かせて

何も怖くないと 笑った君の背中が いつか
見えないほど離れて 海を飛び越えても きっと きっと 忘れない

僕達の羽根はきっと それぞれの空に乗って 遠く 高く 今を追い越して行く
あとに残るのはきっと 後悔じゃなくてきっと それは それは 青春が落とす笑顔の種
そう 初恋は 思い出にできない

君を好きになって 恋の苦さ知った
誰かのために涙流せるなんて 初めてだった

桜散る季節だって あの夏の花火だって 君を 君を いつだって思ってたよ
秋の切なさだって 独りきりのイブだって いつか いつか 淡い思い出になって
僕たちの羽根はきっと それぞれの空に乗って 遠く 高く 今を追い越して行く
あとに残るのはきっと 後悔じゃなくてきっと それは それは 青春が落とす笑顔の種
そう 君だけは 思い出にできない
思い出にできない