夕日が沈む 一人帰り道
キミを想っている

始めて見える景色があるのは キミがいないから

あの日のコトバが突然すぎて
「僕の彼女」だって 「誰よりも一番に紹介する」と

明日からはキミに向かい 心から笑えますように
まぶしすぎるキミへの想いに 思わず目をふせてしまうけど

もう 消せない気づいたキモチ キミが好きです

せつなくなったり 悲しくなるのはどうしてだろう?
いつもキミはそばにいたのに サヨナラなんて

うしろを向いて ため息ひとつ
歩き出してしまった
追いかけた その想い止まらなくて

明日からはキミに向かい 心から笑えますように
まぶしすぎる空に向かい そっと1人でつぶいてみる

ねえ 本当は気づいてほしいと 伝えたかったの

ねえ 今でも言えないけれど キミが好きです