夜空を見あげ一人 ほうき星を見たの
一瞬ではじめては 消えてしまったけど
あなたのこと想うと 胸が痛くなるの
今すぐ会いたいよ だけど空は飛べないから

もしもあたしが ほうき星になれたならば
空駆け抜け 飛んでいく
どんな明日が来ても この想いは強い
だからほうき星ずっと 壊れないよ

雨が降って嫌だと ぼやいていた時に
あなたが言ったこと 今でも覚えてる
雨の後の夜空は 綺麗に星が出る
それを考えると 雨も好きになれるよねと

もしもあたしが ほうき星になれたならば
あふれる光降らすよ いつも
悲しいとき 夜空見るあなたが
笑顔になるように もっと輝きたい

あなたはいつも一人 何かと戦ってる
傍にいることしか あたしにはできないけど

もしあたしが ほうき星になれたならば
空駆け抜け飛んでいく きっと
必ず届く この一瞬の光で
あなたのイマ照らし 空を巡ろう
あたしが ほうき星になれたならば
きっと傍にいてあげる どんな時も