ふたり いつも となりあっていたのに
「ふたりずつ」を卒業したみたい
カレンダー眺めて出会った日付を
指先でなぞった
どうして あの時 名前を呼んだの?

* どんなに離れても どんなに近くにいても
 誰かを待つように
光る記憶があること、
さみしさに似ていて愛おしいよ
あんなに泣いたのに あんなに喧嘩したのに
 嫌いになれない
果たせていない約束
 忘れられずにまだ心(ここ)にある

遠いあの街の永遠に続く夕焼けは
 もう、ないけど
今も 君の手を その声を 想うの

* repeat