生まれた町を 遠く離れて
あたしは歌っている
弱いココロも 揺れる想いも
ポケットにしまい込んで

手の鳴る方へ 未知なる道へ
歩もう 進もう

誰かのためじゃなく
在るがまま誇れるように
夜明けに太陽が昇るように
あたしはメロディーを刻む
儚くとも 強く
あたしは生きていく

雪解け水は 海に流れて
季節は めぐっていく
時の流れに 負けないように
あたしは歩んでいく

未来の空を 未知のイメージを
描こう 創ろう

* 誰かのマネじゃなく
在るがまま飾らぬように
春に花が咲くように
あたしはメロディーを刻む
儚くとも 強く
あたしは生きていく

誰かのためじゃなく
在るがまま誇れるように
夜明けに太陽が昇るように
あたしはメロディーを刻む

* repeat